2008年3月 2日 (日)

鹽竈櫻(しおがまざくら)

Shio_4 宮城県塩竈市の鹽竈神社で天然記念物の鹽竈櫻を見てきました。鹽竈櫻は、里桜系八重桜で例年5月上旬に淡い紅色の大輪の花を咲かせます。花の特徴として、雌しべが変化した三枚の小さな葉が、花の中心に見られます。1年の中で限れた時にしか見られない景色に出会えてよかったです。

(2004/05/03)

バナークリックで、ランキングアップ。応援お願 いします。
ランキングバーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

石ノ森漫画館

Manga01 宮城県石巻市にある石ノ森漫画館に行きました
石巻駅からマンガロード沿いに進むと、北上川の河口にある中瀬に、まるで宇宙船のような建物の石ノ森漫画館があります。この中瀬は、地形がニューヨークのマンハッタン島に似ていることから、「マンガッタン」と呼ばれています。館内は、故石ノ森章太郎氏の作品を中心とした展示物や、漫画に関する体験コーナー等があります。
故石ノ森章太郎氏のファンはもちろんのこと、漫画好きの方は一度は行ってみたい場所だと思います。

(2004/05/02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

宮城県慶長使節船ミュージアム

Sant21  宮城県慶長使節船ミュージアム(愛称:サン・ファン館)に行きました。施設内には、展望棟、サン・ファンパーク、ドッグ棟、そして、そして、復元船サン・ファン・バウティスタがあります。サン・ファン・バウティスタのオリジナルは、1613年10月28日、支倉常長ら180余人を乗せて、月浦からローマへ出帆しました。当時の人は、この船を約45日で造ったというから驚きです。「東藩史稿」によれば大工800人、鍛冶600人、雑役3000人の人手を使い、建造されたとあります。機械がなかった時代でも、知恵と技と人々の努力で成し遂げることができることをあらためて知ることができました。

(2004/05/02)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

羊山公園の芝桜の丘

Ssak08 埼玉県秩父市羊山公園の芝桜の丘を見てきました
丘の一面が芝桜で覆われていて、まるで花の絨毯のようです。毎年、ゴールデンウイークに花の見頃になるように、公園の管理者が調整をしています。しかし、自然が相手なので、開花時期の調整は苦労を伴うそうです。芝桜の丘は、株数や種類を増やしたりしているので、毎年違う表情になっているかもしれません。

(2004/04/25)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

東京都国立科学博物館

040411_d51231 東京都国立科学博物館の入口の前に、蒸気機関車の保存車が展示してありました。

-----------------

<D51231展示プレート>

D51蒸気機関車は、おもに貨物用として昭和11年より製造されましたが、そのすぐれた性能から日本国有鉄道で当時もっとも多く使われ、デゴイチの愛称で人びとに親しまれました。この231号は昭和14年7月に日本国有鉄道長野工場で製作されてから、東海道本線・山陰本線・その他で活躍し、昭和50年12月15日北海道追分機関区で休車するまで約216万km(地球を約54周)を走行しました。
 

車軸配置 1D1
最大長 19,730mm
最大幅 2,936mm
最大高 3,980mm
動輪直径 1,400mm
機関車重量(運転整備) 78.37ton
炭水車重量(運転整備) 47.40ton
シリンダー(直径×行程) 550mm×600mm
最大動輪周馬力 1,280馬力
最大運転速度 時速85km
大煙管(直径×長さ×本数) 140mm×5,500mm×28本
小煙管(直径×長さ×本数) 57mm×5,500mm×90本
小タンク容量 20m3
燃料積載車 8ton

(2004/04/11)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

芳賀町さくら祭り

040403_sakura 芳賀町さくら祭りに行きました。桜の花が咲く頃、栃木県芳賀町かしの森公園の近辺でさくら祭りが催されます。片側二車線の南北に走る道路の桜並木は見事です。一方、東西に走る道は、それに比べると道幅が狭いのですが、その分、桜の枝同士が重なり、桜花のトンネルとなります。
ところで、ソメイヨシノは、なぜ一斉に咲くのかという疑問を持ったことはないでしょうか?その答えは、ソメイヨシノの遺伝子は全て同じ遺伝子を持つからです。ソメイヨシノは、種を作る能力がなく、自力では繁殖できません。そこで、元々は自然交配で発生した1本のソメイヨシノを、人間が接ぎ木等で増殖させ、全国各地に植えていきました。クローン植物である脆弱さはあると思います。仮に壊滅的な被害を及ぼす病害虫や伝染病が発生した場合、1本の被害が、最悪全滅に至ることもありえます。また、ソメイヨシノの寿命は短命と言われています。もし、今後、人間がソメイヨシノを増殖させなければ、自己増殖できないソメイヨシノは、百年ぐらいで全国から消滅することになります。

画一的なものが良い面もありますが、多様性が社会や組織を存続させているのかもしれません。

(2004/04/03)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

春の偕楽園

040307_kairakuen 梅の花が咲く頃、日本三大庭園の一つ、水戸の偕楽園を散策しました。梅の花もこれだけ一斉に咲くと、迫力があります。この季節は、全国から大勢の人が訪れます。梅園と好文亭を見て帰る人も多いと思いますが、時間に余裕があれば、竹林や杉森も見ることを勧めます。華やかさと、落ち着きの両面を見ることができるからです。陰と陽、緩と急、といったようなメリハリがそれぞれの良さを引き出すのではないでしょうか。

(2004/03/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

ディズニーシー貸切

040220_disney_sea冬のドコモフェアで「ドコモ プライベート・イブニング・パーティー」の招待券が当たりました。19時50分から2500組5000名の招待客のみの貸切で、アトラクション乗り放題、写真撮影会、食事・お土産付きの内容です。ペア招待券だったので、長男と長女の小学生コンビで行くことにしました。平日の夜だったので、当っても行かなかった人も大勢いたと思います。人が少なかったため、全てのアトラクションが並ばずに乗れたそうです。

一方、帰りの電車は、深夜12時を過ぎても、すし詰め状態。座ることもできませんでした。
帰り道は子供達にとって辛かったと思いますが、ディズニー貸切は、貴重な経験になったと思います。

(2004/02/20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

グリムの森

040215_grimm栃木県下野市のグリムの森に行きました。グリムの森がある旧石橋町(いしばしまち)は、日光街道の宿場町でした。2006年1月10日、国分寺町、南河内町と合併して下野市(しもつけし)となりました。ドイツ語で石橋はシュタインブリュッケンです。昭和41年、同じ町名であることがきっかけに、旧石橋町とドイツのシュタインブリュッケン(現在は合併してディーツヘルツタール)と児童の絵画や習字などの作品交換から交流が始まりました。

石橋町もそうですが、ここ2年ぐらいの市町村合併により、歴史ある市町村名が廃止されたのは、いくらか寂しさを感じます。

(2004/02/15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

栃木市

040208_tochigi蔵の街、栃木市を散策しました。巴波川沿いの蔵の雰囲気が良い感じです。栃木市と言っても、栃木県の県庁所在地ではありません。言うに及びませんが、栃木県の県庁所在地は宇都宮市です。しかし、県庁が栃木であった時代もありました。1873年(明治6年)6月15日に宇都宮県と栃木県が合併し、県庁が栃木町に置かれました。 1884年(明治17年)、栃木県という呼称のまま、県庁が宇都宮町に移されました。その当時の力関係によっては、もしかしたら栃木市が県庁所在地になっていたかもしれません。

(2004/02/08)

| | コメント (0) | トラックバック (0)